The Madonna Restaurant〜アメリカンドリームの入り口

歌手を目指し、田舎から無一文でニューヨークにでてきたマドンナ。

バスの運転手に「ここで一番有名なところはどこ?」と聞くと、タイムズスクエアを教えてくれた。

喧噪の観光名所に立ち、「私は神様より有名になる」と宣言。

そしてあるレストランでウェイトレスをしながらスターを目指した。

レストランの名は「The Russian Tea Room」。

以外にもそこは庶民的なダイナーではなく、57番街の高級レストラン。

マドンナはここでスターを夢見ながら2年間働き、タイムズスクエアの言葉通りの人生を歩むこととなる。

サクセスストーリーの入り口では、

ドアマンがにっこりと迎え入れてくれた。

赤い絨毯が敷き詰められた店の中は、まるで劇場のようだった。

The Russian Tea Room

広告